歯ぎしりの不快感

歯軋りによって、眠れないなどの騒音が最も多いと思います。
本人だけでなく、隣の人にも不快感を与えますが、歯ぎしりりによって大変な咬合力、加重が奥歯にかかり、歯が磨り減ったり、重症になるとあごの関節の痛み、口が開けづらい、あごが疲れるや冷たいものがしみる知覚過敏などの障害がでてきます。
さて歯ぎしりには、主に3つの形があります。
一般的な歯ぎしりの形である歯を横にずらしながら歯をこすり合わせるもの特有のきしり音を生ずるタイプ、上下的に力をかけて押し付けるもの、カチカチと小刻みに歯を鳴らすものです。
歯ぎしりの原因には・精神的、肉体的なストレスによるもの。
・歯並びが悪い、上下の歯のかみあわせが悪いなどによるもの。
・歯槽のう漏、鼻、のどの炎症が起こすもの。
・胃腸障害や甲状腺機能亢進などがおこす筋肉の緊張状態による。
・遺伝的要因による。
・癖によるもの。
などがあります。
治療法はマウスピースなどの防止装置を使用するほかに、精神面から、寝る前に「私は歯ぎしりはしない」と繰り返し言う、「自己暗示」も心理的ストレスをときほぐす一定の効果が歯ぎしりの場合にはありますので試してみると良いでしょう。
posted by 歯ぎしりマン at 12:23 | 歯ぎしり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。