歯ぎしりの原因

歯ぎしりは多かれ少なかれ誰でもやっていますが、ギリギリと音のする歯軋りは睡眠の妨げになるばかりではなく、確実に歯を破壊すると伴に、食物がない状態で強い力が歯の根に加わるため、組織が引き伸ばしたり、圧迫されたりして、歯の周りの組織が血流障害をおこし、歯周病や顎関節症を重症化させる原因にもなります。
この歯ぎしりには大きく分けて3パターンあるそうです。最も一般的な、歯をかみ合わせて横にこする「ギシギシ」音のするものと、カチカチと何回もかむようにしてやるものと、歯を思いっきり食いしばる音のしない歯ぎしりの3種類あるそうです。
歯ぎしりが起こる原因はいろいろありますが、どのようなメカニズムで起こるのかは未だ明確になっていません。
主に上げられるのは以下の理由です。
・特に普段の生活と異なった時に起こるストレス 
・歯の噛み合わせ異常や顎の異常によるもの。
・職業などの習慣によるものなどです。
治療法として自分でできる歯ぎしりの治療法は、日常のストレスを発散させるために日ごろから適度に息抜きをしたり、スポーツをしたり、散歩したり、気分転換をはかるとよいでしょう。
枕を高くしないなど、寝る方法を変えるのもよいでしょう。
posted by 歯ぎしりマン at 12:19 | 歯ぎしり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。